top of page

ストレッチの重要性について

ストレッチを行う事で、筋肉の柔軟性(関節可動域)が

高まる効果があります。


また、運動前のストレッチングはウォーミングアップに含まれ、怪我の予防に効果的です。


ストレッチは、スポーツ選手だけが行うものと考える人が多いと思います。しかし、筋肉の柔軟性を保つために、すべての人がストレッチする必要があります。


何故ストレッチが重要かと言うと、筋肉を柔軟で強く健康な状態に保ち、体の関節の可動域を維持するには筋肉の柔軟性が必要になります。そうでなければ、筋肉は収縮して、引き締まった状態になります。そして、次に筋肉を動かそうとすると、筋肉は弱く、伸展することができません。 そうなる事で関節の痛み、緊張、筋肉の損傷のリスクがあります。


日常生活で座位など同じ姿勢が続いたり、運動で同じ動作が繰り返されたりすることで筋の柔軟性に偏りが出始めます。例をあげると、一日中椅子に座っていると、太ももの後ろにハムストリングスがきつくなります。 そのため、脚を伸ばしたり、膝を完全に伸ばしたりすることが難しくなり、歩行するのを妨げられます。 同様に、テニスなどの緊張した筋肉を伸ばすような激しい運動を突然した場合には、突然の伸張によって筋肉が損傷する可能性があります。 負傷した筋肉は、関節をサポートするのに十分な強さではない可能性があり、関節の損傷につながる可能性があります。

Comments


bottom of page